ブログ

二十四節気・七十二候 五

今日は2月19日。
二十四節気では「雨水」です。
降ってくるものが、雪から雨に変わる頃になるそうです。
七十二候では、雨水の初候にあたる、「土脉潤起」(つちのしょううるおいおこる)に当たります。
雪が雨に変わり、段々と土に潤いが与えられる頃になります。

暦通りなのか、17日には本当に雨が降りましたね。
ある方がおっしゃっていましたが、ここのところ十勝は2週間くらい天候が前倒しになっている、とのことです。
思わずうなずいてしまいました。

この“天候の前倒し”は、吉なんでしょうか、凶なんでしょうか。
よく、北海道は冷涼な気候なので農薬が少なくて済む、という話を聞きますが、それもいつまでの話なんでしょうか?

まあ、農家さんのことは農家さんにお任せしかできませんが、いずれにしても、時間は進んでいくわけです。
自分の身の回りのことは、自分でできる所から、やっていきましょう。

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 三
  2. 二十四節気・七十二候 八
  3. 二十四節気・七十二候 六
  4. 二十四節気・七十二候 四
  5. 二十四節気・七十二候 二
  6. 二十四節気・七十二候 七
  7. 二十四節気・七十二候 一

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP